スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと前ですがトム・ハンクスのキャスト・アウェイを観ました。

04 06, 2013
51LD.jpg

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ロバート・ゼメキス監督とトム・ハンクスが贈るサバイバルアドベンチャー。システムエンジニアのチャックは、ある日飛行機事故で無人島に漂着、過酷な環境と孤独の中で生き延び、脱出を試みるのだが…。“Paramount Greatest Hits”。


友人に薦められて観ました。

なにやら仕事のデキそうなチャック役のトム・ハンクス。恋も仕事も絶好調。

そのチャックの載せた飛行機が墜落してしまう。

遭難した後のボロボロさ、手も足も怪我だらけ、何をするにも怪我をする。上手くいかない。そしてずっと痛かった虫歯を強引に折る。気絶する。そして4年後。


魚に突然投げたヤリが刺さる。


離れた場所からトム・ハンクスの姿が見える。まさに原始人。その変化。ここまで逞しくなったのか。と感心してしまう。キャプテンアメリカですか?


そして脱出のきっかけとなる帆となるドアを見つけてからの、文化人としての計画、目標の作り方と、それを達成する知識と逞しさ。

絶望とも言える、無人島からの脱出。そして帰還。


戸惑うことばかり、自分の居た場所がすでに自分の場所ではない違和感。

最後に遭難したときにお世話になった荷物を一人で配る。

そこでの出会い。その出会いから新たな冒険が始まることを感じさせる。きっと以前いた場所には残らないだろう。価値観からの開放。そこがいい


人が当たり前に過ごしている場所から、全てを失い変化する。その時間や瞬間を決定的に傍観することができる。

人生の選択肢は一つどころじゃない。

そんな感じで観ました。


スポンサーサイト
Posted in 映画のこと

苦手なはずのミュージカル映画、レ・ミゼラブルを観に行きました。

02 04, 2013
200.jpg

レ・ミゼラブル


みんなが面白いというから観に行った。

のっけからの船のシーンで圧倒される。ラッセルクロウはさらに顔がブルドックみたいになってます。

予告のときもそうですが、アン・ハサウェイがいいですね。独唱しているシーンは目を外したくなるくらいの迫力です。

子供のために髪の毛を刈りこんで売ってしまうシーンから悲壮感が半端ないです。AKBの誰かが坊主になりましたが、一緒にしちゃダメですね。

実はミュージカル映画って苦手だったんです。随分昔観たときに、仲間がしんでしまったシーンで


”彼は死んだー♪死んだー死んだー♪”


とみんなで踊りだす。オイオイ今踊ってていいのかよ!

と思い、そのリアリティのなさから、映画でのミュージカル離れしていたんですが、(劇団四季は何度か行きましたヨ)今回の映画を観てちょっと見方が変りました。


セリフを歌うという、普通とは違う表現になりますが、歌の中にその人の過去やストーリーとその時々の感情を一気に盛り込むことができるので、役の表現が一気に広がるテクニックでもあるんですね。


希望に満ちた少女の頃、あの人と出会って恋に落ち、子供を宿す、いつかあの人が帰ってきてくれることを信じて待ち続ける。歯車は一気に狂い、転落する。どうしてこんなになってしまったんだろう。


映像で見せると10分かかるところを、歌と演技で5分で見せてしまえる。

しかもすごい迫力。あーこりゃ、ミュージカルってすごいなーと思いました。




Posted in 映画のこと

ダニエル・クレイグの009スカイフォール観てきました。

12 03, 2012
sky foll


デンデケ デンデン デデデ
デンデケ デンデン デデデ
チャラーラララー♪


ダニエル・クレイグの”007”を映画館で観るのは始めてかも

なんか自分の中ではダニエルさん”007”という感じがしないんですよね。

英国紳士に見えないし、

どちらかというと敵役のロシアとかドイツにいそうな感じがしませんか?

私の中で007というと、ショーン・コネリーでもなくて、ロジャー・ムーアなんです

ちょうど小学生のころ、映画館に観に行ってたときが、ロジャー・ムーアでした。そして車が潜水艦になるのを見て胸を踊らせていました。


ちょーかっこええ!と

今でも観光地で水陸両用バスを見ると胸が踊ります


そして、え?え?え?という感じでティモシー・ダルトン。顔が濃いわ!


そしてピアースブロスナン。もしかしてこの人が一番”007”にピッタリかも?と思いました。


そして、今のスピード感があり、屈強なダニエル・クレイグです。バリバリのアクションです。よく撃たれます。ケガします。激突します。近接格闘がカッコイイです。


もう、ジェームス・ボンドというより、ジェイソン・ボーンです。あれ?似てる?

ジェームス・ボーン
ジェイソン・ボンド

ジェイムス・ボーン ド?

なんか髪型も一緒だし、、そういうこと?


本当にタフです、、ちょっとくらい撃たれても袖とか身だしなみを忘れません。そこがカッコイイ。

ボクも満員電車から降りるときはマネしようかと思います


007と言えば、ペン型爆弾やいろいろな最新兵器を駆使して逆転するところが醍醐味だったりしたんですが、わざとそういうものも排除して、肉体と頭脳で切り開いていく

ダニエル・クレイグの”007”これはこれでけっこういいすね。


あ、映画の内容ですよね、、タイミングが合えば観に行ってくださいねー



Posted in 映画のこと

”悪の教典”観に行ってやっぱり気分悪かった

11 27, 2012
t_main.jpg



”伊藤英明を嫌いにならないでね。”


なんかそんなことテレビで言ってましたね。

本では成宮寛貴をイメージしていたのですが、伊藤英明いいですね。

ムキムキなところが更に絶対的な殺人鬼の強さを演出してます。

****
ストーリーは簡単に言えば、シリアルキラーがいい先生を演じながら邪魔な生徒を殺していく。そして自分のストーリーと辻褄が合わないシチュエーションになったときに

みんな殺しちゃえ。

と生徒を一人残らず殺していく映画
****

怯え、逃げる生徒を容赦なく一人一人散弾銃でふっ飛ばし無表情で殺していきます。

血しぶきが飛びまくり、銃声で自分の耳が痛いことくらいしか気にしないところが更に冷酷さを演出してます。

本で読んだ時はまだ、生徒や他の先生も抵抗するシーンがあったんですが、映画では一方的です。

途中で気分悪くなりました、、もちろんラストも気分が悪い。エンディングの怯える2人の引きが頭に残ります。

海外では評判いいんですか?

その感覚解らないでもないけど、私は嫌いでした。



Posted in 映画のこと

アメリカで史上空前の大ヒット!だったらしいハンガーゲームを観てきた。

09 30, 2012
153927866.jpg


これから見に行く人は読まないほうがいいです

なんかね、、デキの悪いバトルロワイヤルを観てきたって感じ

あ、主役の女の子はよかったですよ。そこだけはよかった。


12地区から少年少女1名ずつを選出して殺し合いを行う

で、それは平和のための尊い犠牲で、、とかいう話を陶酔しながらのたまうんですが、

その周りの熱狂ぶりがね、、なんか興ざめなんですよ。

小説とかだともっと納得ができるような展開や説明があると思うんですが、なぜ生贄が必要なのか

そしてそれを楽しむ人達は人としてどうなのか?

生贄としての生死をかけた戦いを楽しむのと、そのプレイヤー達を着飾り応援するのって全く違う感覚だと思うんですよね。

例えばAKB同士とか、嵐のメンバーを殺し合いさせて楽しいですか?

それをみんなが熱狂しているところがどうも入っていけない。

あの司会者は海外のみのもんたなんですかね、、他にもこういうの出てましたよね


そして、そんなどうでもいいことを1時間以上かけて見せられる、、たぶん戦闘は1時間くらいあとはどうでもいい自己満足というか、小説を補完するためにわざわざ長々とやっているのかな、、

殺し合いのシーンはけっこうあっさりしていて、いつの間にやらみんな死んでいる

戦わないで逃げていると、システムでけちょんけちょんにされる

どうにもならない、仲間同士の殺し合いというところはバトルロワイヤルの描写のほうが全然上かな、、(本だけで映画観てないです)


最後は殺し合いというか、どうでもいいようなワンコに2人殺されて

ハイ、おしまい


最後は理不尽な政府に対して誰かがなんかしれくれるのか?まさかコーチが!と思ったらそのまんま

最後に字幕で”2の公開が決まりました!”

って、、アホか!

絶対観ないわ!


Huluにバイオハザード3があったので見てみた

09 06, 2012


Huluにバイオハザード3があったので見てみた

そういえば4は今度テレビでやるんですよね、、あれだけ観なかったバイオハザードを一気に消化している感じです。


私があまりバイオハザードを観なかった理由の一つにヒロインのミラ・ジョヴォヴィッチがあんまり好きじゃないことがあります。

だからと言って他の女優が好きかというと、ある意味ミラ・ジョヴォヴィッチ以下だったりするんですが、

もしかしたら如何にも度胸がある強いヒロインというのが苦手なのと、培養液のようなところで裸で丸まっているのですがちっとも色気がないので、そこか!と思いました。


度胸があるのに胸がない。

ヒロインは度胸がなくてもいいから、胸があるほうがいいんです。


映画はマッドマックスみたいと、よく書いてありますが、アメリカ的に車を武装して荒野を走ると自然とそうなってしまうんだと思います


盛り上がったのはトレーラーから無制限に飛び出してくるゾンビですかね、、

トレーラーみたいな倉庫を開けようとすると、アリスが”ちょっと待って”という感じでタンマするのですが、その予感が当たって500人くらいのゾンビが出てきます。


せいぜい20人くらいならさすがアリスとなりますが、あれだけゾンビが詰まっていたら誰でもわかりますよね。

アリスは何やらでかいナイフを使ってズバズバとゾンビを倒していきます。そうなんです。見せ場を作るためにどんどんゾンビが湧いてきているんです。

しかも全速力で走るゾンビです。タチが悪いです。結局主力意外の大人はどんどん食べられてしまいます。そしてなんか頭のバランスが悪いクリスもカッコよくないのに、カッコつけて死んでいきます。タバコをつけて一服してからダイナマイトに火をつけるのは鉄板ですよね。


そしていつも思うのが、敵の親玉

あなたは何がしたかったのですか?もう一度なます状態から復活してちゃんと説明してください。


でもね、、結局なんだかんだ楽しく観れました。

バイオハザードはボクの中ではお茶漬けのようにサラサラと見れるホラー。っていう位置づけです。


この夏で一番観たかったアベンジャーズを観に行ったのです

08 22, 2012



ハルクと、アイアンマンと、ソーと、キャプテンアメリカと、ブラックウィドウと、弓の人


アベンジャーズ計画とはなんのことなのか


ただ単にいろんなヒーローが一緒に戦うだけじゃないのか?と思いながら楽しく観れました。


とくに前半からグイグイ来るのかと思ったらそうでもなく

チームワークはバラバラ


でも後半になって”きっかけ”を掴んでからがみんなが一つになり仲間になる(そのときだけ)


戦闘力はハルクが飛び抜けていて


”怒っていいよ”


と言われて


”いつも怒ってるんだ!”


という返しがいい、温和そうなフリして実は怒りん坊なんです。

このハルクの暴れっぷりがいい、敵味方関係なく暴れます。手が付けられません。

敵のボスも10秒でグシャングシャンにします、


そして一番活躍するのはトニー・スタークであり、アイアンマン。

アイアンマン2のときみたいにスーツが10体くらいあれば、アベンジャーズ要らんじゃん、、というくらい八面六臂の大活躍。


ソーは神様の割にチマチマしているので、ずっと雷を出してればいいと思う

キャプテンアメリカは偉そうに指示をするけど、大して活躍しない。強化人間はこんなものか

ブラックウィドウと弓の誰か、は頑張っているけど所詮人間なんですよね、、まぁよく頑張りましたよ。

弓の誰かは弓しか使えないなら次はもうちょっと予備を持とうね


そういえば一言文句が言いたい!


アイアンマンが活躍した後に空から落ちてくるシーン

気絶し落下するスタークが危ない。誰か助けてー、、と暴君ハルクが飛んで助けるんですが、このシーンってCMで何十回も見ているので、ハルクが助けるのが皆解ってしまったと思う

予告でそういうのをジャンジャン流すって良くないと思うんですよねー



アメイジング・スパイダーマン観てきました。

07 09, 2012
22258461.jpg


かなり面白かったです。ツボ入りました。

以前からスパイダーマンはスピード感がウリでしたが、さらに3倍くらい早かったです。

アクションがすごくカッコいいし、途中で傷だらけのスパイダーマンに目頭が熱くなるシーンもあります。

おじさんは相変わらずいい人で、登場した瞬間から死相が出てました。


主役はかっこ良すぎずいいキャストだと思いました。そしてスタイルが良い。

ちょっと驚いたのは今回のスパイダーマンはマスクを取っても意外とカッコイイんです。

トビー・マグワイアのときはマスクを取った瞬間から5頭身でしたよね。


そしてヒロインが可愛くなりました。目の大きさなんかMJと比べると5倍くらい大きいです。

今回は悪役が爬虫類なのでMJがヒロインだとどっちが悪者か解らなくなるところですよね。

ab8c48577.jpg


でも噂によると新しいヒロインのエマ・ストーン。引退するとか言ってるらしいです、、

あの展開で出ないなんて許せませんね。胸の谷間の露出も足りません。やっぱりMJの爪の垢を飲ませたいです。

今回のスパイダーマンは身体能力と六感的な感覚が向上した分、超人的なタフさがない。ケガだらけ、、これが逆にドキドキして良い感じ。次が楽しみです。


茅ヶ崎カヲル
茅ヶ崎カヲル


【自己紹介】
身長182cm 体重67kg 体重と健康には気を使ってます。人付き合いを大切にしつつ、ヒッソリと暮らそうと思います。

モットーは何にでも興味を持ち追求する
仕事のモットーは同時複数作業

【趣味】
読書、マンガ、ウェイトトレーニング、投資全般、ロードバイク、一眼レフ、iphone、ipad、通信全般、旅行、お酒、wii

このblogは自分の考えのまとめと記録のために更新しています。パパッと書くようにしているので誤字はご了承ください。

Recent Entries
カテゴリ
Monthly Archive
ご来店数
メディアメーカー
メディアメーカー
Tumblr
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。