スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去にあぐらをかいていると通用しなくなるそうです。

05 16, 2012
「定跡からビジョンへ」

羽生名人と今北純一の対談から生まれた本から、、


「将棋では過去の打ち方は現代では全く通用しなくなっている」


そうです、、

新しいものがいいとか、そういうのではなく


相撲でいえば、如何に相手のマワシをつかむかが勝負の分かれ目となる。

そのことに特化し進化してきた今の相撲では、過去の横綱相撲が通用しない

両脇を差されて、マワシを掴まれた状態ではどんな実力者も実力を発揮することができない

将棋では過去の打ち方をしていると、現代では決定的な出遅れによる挽回不可能なところまできてしまう。


出世した人たちはたぶん、頭がいいと本人も周りの人たちも思ってしまっているが、

部下が多いとか、

会議の数が多いとか、

会議を取り仕切っているとか、

そう いうことで頭がいいと錯覚している人が多い。

彼らは限られた仕事空間の中で現実的には繰り返ししかやっていないので、

頭の中が硬直化している。

このままでは頭がいいはずがない。


どんなに優れた人でも過去にあぐらをかき、成長を止めてしまったら通用しなくなってしまう。


それは他人の意見を聞かなくなったり

自ら学ぶことを放棄してしまったり

毎日同じ事しかしなくなったり


スキルは常に前進を目指さないと後退してまう

その結果、通用しなくなる

どんな優れた刀も、研ぎ続けなければ錆びてくる。


それでも過去の栄光を引きずって逃げ切れればいいという人が多い

しかし逃げ切れない人もたくさんいるはず、、どっかの部長とか


そもそも逃げる、逃げ切るの生き方では、自分が社会に貢献しているという自覚は持てない。

関連記事
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-1 Trackbacks
まとめwoネタ速neo05 19, 2012

「定跡からビジョンへ」羽生名人と今北純一の対談から生まれた本から、、「将棋では過去の打ち方は現代では全く通用しなくなっている」そうです、、新しいものがいいとか、そういうのではなく相撲でいえば、如何に相手のマワシをつかむかが勝負の分かれ目となる。そのこと...

Top
茅ヶ崎カヲル
茅ヶ崎カヲル


【自己紹介】
身長182cm 体重67kg 体重と健康には気を使ってます。人付き合いを大切にしつつ、ヒッソリと暮らそうと思います。

モットーは何にでも興味を持ち追求する
仕事のモットーは同時複数作業

【趣味】
読書、マンガ、ウェイトトレーニング、投資全般、ロードバイク、一眼レフ、iphone、ipad、通信全般、旅行、お酒、wii

このblogは自分の考えのまとめと記録のために更新しています。パパッと書くようにしているので誤字はご了承ください。

Recent Entries
カテゴリ
Monthly Archive
ご来店数
メディアメーカー
メディアメーカー
Tumblr
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。