スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしあなたが停車中に火炎ビンを車に投げられたらどうしますか?

07 26, 2012

「凶悪犯から身を守る本」


を読みました。

停車中に火炎ビンを車に投げられたらどうするか?判断する時間は一秒しかない

そのままなら焼け死ぬ。外に出たら酸素を含んだ外の空気が車内に吸い込まれて火は燃え広がる。肺の中に火が吸い込まれて内部を焼き焦がす。さぁどうしましょう?


著者はSWATの教官。


先日の米コロラド乱射事件。

こういった乱射事件を検証すると、犯人は2,3度弾丸を装填している。その隙に逃げるなど行動を取れる人はほとんどいない。
逆に一人が、「今だ捕まえろ!」と言ったことにより、数人で取り押さえた事件も少なからずある。もちろん逃げられるなら逃げる


防犯についての知識があっても襲わてしまった時には役に立たない。凶悪犯から身を守るための必須条件は、防犯具や強靭な体をしていることでもない。忌まわしい事件で普段からシュミレーションをしておくこと。そして1秒で

「直ちに」「一直線に」「爆発的に」行動すること。


体力や格闘技は大切だろう、、と読み進めるとだんだんと

”シュミレーション”と”リスクを取って行動する覚悟”

のほうが大事だと思えます。


事実、防犯グッズも役に立たない、催涙スプレーを使おうとした半数以上は犯人に奪われてしまう。防犯ベルは野外ではあまり音が大きくない。聞いても反応する人がいない


チャンスを待つうちに状況的に不利になり、犯行はエスカレートする

縛られたり、どこかに連れ去られたら生殺与奪権は犯人のものとなる、


凶悪犯の選択肢は2つ
1 あなたを生かしておく、犯罪を犯す
2 目撃者を殺す、犯罪を犯す


大事なのは抵抗すること、犯行を繰り返す犯人に対して抵抗は犯罪者の成功パターンを覆す。

抵抗しろ、車に乗せられたらハンドルを切ってぶつけてしまえ。そこからチャンスが生まれる


覚悟ができない人に一つ、、

被害者が逃げたから殺す犯人は、言いなりになった被害者も殺す可能性が高い。


上の火炎ビンの回答は

「全速力で車を走らせる。猛スピードで走れば火は消える。」


実用的になってはいけない本だけど、シュミレーションはとても大事で、事件だけでなく事故や災害にも応用が効きます。



関連記事
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
茅ヶ崎カヲル
茅ヶ崎カヲル


【自己紹介】
身長182cm 体重67kg 体重と健康には気を使ってます。人付き合いを大切にしつつ、ヒッソリと暮らそうと思います。

モットーは何にでも興味を持ち追求する
仕事のモットーは同時複数作業

【趣味】
読書、マンガ、ウェイトトレーニング、投資全般、ロードバイク、一眼レフ、iphone、ipad、通信全般、旅行、お酒、wii

このblogは自分の考えのまとめと記録のために更新しています。パパッと書くようにしているので誤字はご了承ください。

Recent Entries
カテゴリ
Monthly Archive
ご来店数
メディアメーカー
メディアメーカー
Tumblr
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。