スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eyi-Fiの優れているところはEye-Fi Viewである。友人や知人に最小の労力で写真を配布できる

10 24, 2012


最近週末になると一眼レフを持ち歩くようになった

というのも、園の集まりや、運動会などのイベントが多いシーズンでもあるからです

でも、そこでたくさんの子供たちの写真を撮る


撮る


撮る


他人の子供でも渡すと喜ぶだろうから、撮る。

一眼レフでしか撮れない瞬間を残してあげる。


んで、どうするか?


父母がみんなFacebookをやっているわけではない、Dropboxなぞみんな知らない、フォトゲットも部屋作ったりメールで招待するのも面倒くさい、

結局オンラインで統一するのは難しいのかな、、と思ってUSBメモリに入れて渡していました。CD-RやらDVD-Rに焼くのも面倒くさいので

写真を選別して、メモリにコピーして、実際に手渡しする。でも、これも面倒くさい実に面倒くさい。

リアルタイムというわけにもいかないし、鮮度も悪い


なにかいい手段はないものか?

と思っていたら、WiMAXとEyi-Fiの組み合わせをするようになって約1ヶ月

一眼レフで撮影した写真は全て ”Eye-Fi View”にアップロードされていることを思い出した


しかもEye-Fi Viewから選んだ写真を簡単にリンク取得できることがわかった。Facebookに公開もできるし、twitterも使える。

渡したい写真を選択して”アクション”からいろいろな公開を選択できる。

今回3家族の写真のリンクを取得した。写真を選ぶのに2分、リンクを送るのに1分もあれば作業が終わってしまった。そしてその家族それぞれにリンクを取得すると他の家族の写真は見られない。

リンクを受け取った人はスマホからでもパソコンからでも簡単に閲覧でき、ダウンロードも自由にできる。zipで一括ダウンロードもできる。


無料版のEye-Fi Viewの写真は1週間もすると消えてしまう

その潔さもいい。

1週間で消えますから入手してください、、というのに1週間以上もほっといたら消えても仕方ないだろう

その先の世話までは関知できません。


ひょんなところからEyi-Fiの魅力を最大限に体感してしまった。

今まで100くらいの労力でしていたことが8くらいに一気に下がった

もうEyi-Fiなしでは一眼レフを使おうとは思わない


関連記事
スポンサーサイト
茅ヶ崎カヲル
茅ヶ崎カヲル


【自己紹介】
身長182cm 体重67kg 体重と健康には気を使ってます。人付き合いを大切にしつつ、ヒッソリと暮らそうと思います。

モットーは何にでも興味を持ち追求する
仕事のモットーは同時複数作業

【趣味】
読書、マンガ、ウェイトトレーニング、投資全般、ロードバイク、一眼レフ、iphone、ipad、通信全般、旅行、お酒、wii

このblogは自分の考えのまとめと記録のために更新しています。パパッと書くようにしているので誤字はご了承ください。

Recent Entries
カテゴリ
Monthly Archive
ご来店数
メディアメーカー
メディアメーカー
Tumblr
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。