スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族でも友人でも恋人でも人との距離感は等間隔がいいと思う

11 22, 2012
medium_6874560581.jpg



かなーり昔ですが、

私の会社の人で、反抗期の子供にどう対応するかについて教わったことがあります


”小さいときと違って、こちらからあまりアプローチしようとすると拒否される。でも普段は知らん顔しておいて、相手から何かを訪ねてきたり、会話してきたらしっかり対応する”


ほうほうなるほどな、、と思いました

残念ながら、この方は家族を置いて失踪してしまったので、このコミュニケーションが本当にどこまで役に立つのかはわかりませんが


うちの母も同じような感じです。

普段は寄ってきませんが、実家に帰り一緒にいるときはすごく良くしてくれる。

自分のことを一番に大事にしてくれる。


なので、私もそれと同じようなことは思っていて、

人や家族、恋人とのコミュニケーションの距離感は、無理やり踏み込まずに同じくらい想っていればちょうどいい

と思っています。


どちらかが、相手のことを想い過ぎたりすると



想われているほうは負担に感じ

想いすぎているほうは疲労する




そして、よくあるのが、想いすぎているほうが相手に変わって欲しいと願うこと。催促すること

これは決してやってはいけないことで、変わらなければいけないのは貴方のほう。

貴方がやらなければいけないことは、


過去の色眼鏡を捨てて、現実を直視する、そして相手を見て、同じくらいの距離を置くこと

たまに声をかけ、相手がコミュニケーションを取りたいときにはしっかりと取る


半分は失踪した人が言ってましたが、たぶん合ってる!(?)


きっとそれができる相手や人って少なくて、そんな人に自然と足が向いてしまう、

安心して甘えられる、甘えられるということは、いつでも声をかけられる

親だったり、親友だったり、関係性もあるし、人としての包容力なんだろうな、、と思う


本日は、その母に晩御飯をごちそうになってきます。


アデュー!


関連記事
スポンサーサイト
茅ヶ崎カヲル
茅ヶ崎カヲル


【自己紹介】
身長182cm 体重67kg 体重と健康には気を使ってます。人付き合いを大切にしつつ、ヒッソリと暮らそうと思います。

モットーは何にでも興味を持ち追求する
仕事のモットーは同時複数作業

【趣味】
読書、マンガ、ウェイトトレーニング、投資全般、ロードバイク、一眼レフ、iphone、ipad、通信全般、旅行、お酒、wii

このblogは自分の考えのまとめと記録のために更新しています。パパッと書くようにしているので誤字はご了承ください。

Recent Entries
カテゴリ
Monthly Archive
ご来店数
メディアメーカー
メディアメーカー
Tumblr
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。