スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニック障害や不安障害はどういうものか知りたければ”いま、会いにゆきます”を読むといいです

01 17, 2013
A300_.jpg



先日たまたまですが、市川拓司さんの”いま、会いにゆきます”を読みました

市川拓司さんの著作はこれで12冊目なのでほぼ読んでしまったのですが、主人公はたいてい特徴があり、身体や精神に不安を持っています。

不安障害で、電車に乗れなかったり、人の集まるところが苦手だったり、急な不安から身体が動けなくなる。

市川拓司さん自身が(重度の)不安障害や、パニック障害を患っていたようです。


その中でもとくに

”いま、会いにゆきます”の主人公が一番症状が重く、何度も発作になります。

救急車で運ばれるシーンもあり、本当に死んでしまうんじゃないか。と不安に思うことなど、よく描写されているな、、と思いました。


私もパニック障害になったときは、気がつくと自分の心臓の音がドクンドクン聞こえてきたり、電車に乗るのが怖い時期や、映画館に入れない、遠くの物音で目覚めてしまう、寝ていると汗が止まらない、時期がありました。

なかなかそれを他人に説明するのが難しい。精神が病んでいるとかではなくて、頭から震えがくるくらいの悪い物質がドクッと流れてくる瞬間がわかるんです。

交感神経と副交感神経が上手く切り替わらない。過剰なまでの交感神経の暴走。自然の呼吸の仕方がわからなくなり苦しくなるからヒュッと空気を吸う。

”いま、会いにゆきます”を読むとどんな症状かなんとなくわかってもらえると思います。


何かに集中すると楽になるので、何かにしがみつくようにSNSをしていた時期もありました。

幸い、この主人公ほど重くはなく、今はもう大丈夫ですが、調子の悪い状態は何年も続きました。

客観的にみてどんなに幸せそうに見えても、日々死ぬほど辛いと思っていた時期があったんだよな、、と思い出しました。



関連記事
スポンサーサイト
茅ヶ崎カヲル
茅ヶ崎カヲル


【自己紹介】
身長182cm 体重67kg 体重と健康には気を使ってます。人付き合いを大切にしつつ、ヒッソリと暮らそうと思います。

モットーは何にでも興味を持ち追求する
仕事のモットーは同時複数作業

【趣味】
読書、マンガ、ウェイトトレーニング、投資全般、ロードバイク、一眼レフ、iphone、ipad、通信全般、旅行、お酒、wii

このblogは自分の考えのまとめと記録のために更新しています。パパッと書くようにしているので誤字はご了承ください。

Recent Entries
カテゴリ
Monthly Archive
ご来店数
メディアメーカー
メディアメーカー
Tumblr
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。