スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子よ、将来、女に困らないようになりたいなら職場を検討したまえ

02 12, 2013


むかーしむかしのことじゃった、、

空の雲を見ていた茅ヶ崎青年は、ふとあることに気がついた。


”もしかして、女性ばかりの職場に勤めたらずっと女に困らないんじゃないだろうか、、、”



”商業高校に行ったら彼女ができるんじゃないか、、、”




それから数十年。その浅はかな思いつきは真実であり、万物についての究極の答えであり、真理だったのかもしれない。と思う

その雲の流れに従って、私は女性が多い職場に就職した。詳しく書くと、私自身は本社勤務なので至って普通だった。

しかし営業店が圧倒的に女性が多い

そして思ったとおり営業店は社内恋愛が多かった。そして


普通の男が美人と結婚していた。

普通でない男も美人と結婚していた。



それだけではない、

何人もの女性と関係を持つ男というのも出てくる。

コミュニケーション能力が優れていて女好きなら勝手にそうなる。イケメンである必要はない。女好きならそうなるようだ。

これらは男女比のバランスの悪さからもたらさせる。男女比のバランスの悪さは等価交換の原理原則をも狂わせる。

その結果、女性社員で寿退社した人を見ていると、会社以外で知り合って結婚した人が幸せになっていることが多かった。

つまり女性が多い職場の男を選ぶと失敗の可能性が高いのだろう


というか、そんなことは、あたり前田のクラッカーなので、会社の同僚の女の子には

運送会社で働け!とか、建築現場で働け!と半分本気でアドバイスしていた。

”ふざけんな。てめえ。辞めて欲しいのか!”と返されたが、聞き入れられないことは重々承知であり、この上ないアドバイスだと自負している


私が娘に忠告するとしたら、


”女ばかりの職場の男とは結婚するな”


だと思う。逆に息子にアドバイスするとしたら、


”女ばかりの職場で働け”


ということになる


ついでにいうと、20秒の勇気を持て!というアドバイスもあるんだけど、何を言っているか判らなくなってきたのでまたね!






関連記事
スポンサーサイト
茅ヶ崎カヲル
茅ヶ崎カヲル


【自己紹介】
身長182cm 体重67kg 体重と健康には気を使ってます。人付き合いを大切にしつつ、ヒッソリと暮らそうと思います。

モットーは何にでも興味を持ち追求する
仕事のモットーは同時複数作業

【趣味】
読書、マンガ、ウェイトトレーニング、投資全般、ロードバイク、一眼レフ、iphone、ipad、通信全般、旅行、お酒、wii

このblogは自分の考えのまとめと記録のために更新しています。パパッと書くようにしているので誤字はご了承ください。

Recent Entries
カテゴリ
Monthly Archive
ご来店数
メディアメーカー
メディアメーカー
Tumblr
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。