スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってみて思うこと。専業主夫(主婦)はやはり贅沢だと思うんです。

06 13, 2013


私はつねづね専業主婦はとても贅沢なことだと思っていました。

家の家事や子供のことに、専用の人を雇うのと同じです


私の家は母子家庭だったせいか、母親が働いているのは当たり前。

でもちょっと前の世の中のスタンダードは、夫が働いて、妻が家を守るというもの。


でも、そもそも専業主婦が当たり前になったのは、終戦後の子供を増やすための政策と聞いています。

それ以前の日本では女性も働くのが当たり前だった。専業主婦は行動成長期を経てここ数十年だけのスタンダード


子供が3人4人以上いて、家事や育児だけでも大変な時代

ルンバもない、食洗機もない、風呂も自動ではない、オムツは使い捨てではない、買い物は商店街、今と比べて家事は労働だった。

まさに”専業”でなければ成り立たない


そして今はどうか、、子供が3人以上いる家庭はあまり聞きません。そして家事は家電によりかなり楽になっている

割り切れば料理も金で簡単に解決する。あらゆるものが自動化できる。私が主夫として自分でやってみて、家事に半日かかることはない。

家事労働が大変というより、子供が幼少期に側に居てあげたい、、


そんな理由で専業主婦を選択しているように思います。


もちろん家事もどこまでやるかによって全く違うものになってきます。

私の場合はモノを最低限に抑えているので片付けも掃除もかなりいい加減で片付きます。


シャワーを浴びながらルンバをかけ、食洗機をかけながら洗濯機を動かし、料理を作る

自分でやってみてさらに確信した。

専業主婦は旦那のステイタスであり、嫁の贅沢。子供とのコミュニケーションのための贅沢

経済的に許すならば専業主婦でいてもらおう、仮にそれでお小遣いが少ないというのは仕方がない。あなたは夫婦でそれを選択し、すでに共稼ぎ夫婦では実現できない贅沢を享受しているのだから、、



関連記事
スポンサーサイト
茅ヶ崎カヲル
茅ヶ崎カヲル


【自己紹介】
身長182cm 体重67kg 体重と健康には気を使ってます。人付き合いを大切にしつつ、ヒッソリと暮らそうと思います。

モットーは何にでも興味を持ち追求する
仕事のモットーは同時複数作業

【趣味】
読書、マンガ、ウェイトトレーニング、投資全般、ロードバイク、一眼レフ、iphone、ipad、通信全般、旅行、お酒、wii

このblogは自分の考えのまとめと記録のために更新しています。パパッと書くようにしているので誤字はご了承ください。

Recent Entries
カテゴリ
Monthly Archive
ご来店数
メディアメーカー
メディアメーカー
Tumblr
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。