スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保険料を安くする裏技

12 02, 2010
2法人から給与をもらい、もう1社は10万円くらいにするとOK

2法人から給与を支給された場合ほんとうは、2社分の合計が算定基礎となります。

でも年間130万以下(毎月10万くらい)なら自分で申告でもしないかぎりそこまでチェックされていません。そこでどれだけ違うかをシミュレート。

一ヶ月30万円を算定基礎とした社会保険料
年額 57万

一ヶ月20万円を算定基礎とした社会保険料
年額 41万円


社会保険料(年金、健康保険、雇用保険)が年間16万円少なく済みます。会社負担分も考慮すれば32万円です。

社会保険料の面白いところは、金持ちを微妙に優遇しているところ。年金は月額62万円以上(年収726万円交通費込み)になると上限が決まっており一定となります。つまり年収726万円の人と年収2000万の人の支払う年金が一緒。

健康保険はボクの管轄しているところは月収117万以上が一定です。相互扶助と言っておりますが基本的に金持ちは優遇されるようになってます。
関連記事
スポンサーサイト
Posted in 未分類
茅ヶ崎カヲル
茅ヶ崎カヲル


【自己紹介】
身長182cm 体重67kg 体重と健康には気を使ってます。人付き合いを大切にしつつ、ヒッソリと暮らそうと思います。

モットーは何にでも興味を持ち追求する
仕事のモットーは同時複数作業

【趣味】
読書、マンガ、ウェイトトレーニング、投資全般、ロードバイク、一眼レフ、iphone、ipad、通信全般、旅行、お酒、wii

このblogは自分の考えのまとめと記録のために更新しています。パパッと書くようにしているので誤字はご了承ください。

Recent Entries
カテゴリ
Monthly Archive
ご来店数
メディアメーカー
メディアメーカー
Tumblr
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。