スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像力の不足が周りの人に不快を与える

03 28, 2011
長期刑務所服役中の著者の本

「人を殺すとはどういうことか」

の中で、殺人を犯す人の中で多い人の定義で

受刑者に決定的に不足しているのは、他者に対する想像力です。


とあり、自己中心的で自分の欲求のままに行動する人が多いそうです。
ちょっとの想像力さえない為に、他人に不快な思いをさせる。これは犯罪者に限らず、一般世間でも感じます。


・電車で大音量で音楽を聴く
・人に迷惑をかける自分の子供を注意できない
・立ち読みをして買いたい人の邪魔をする
・図書館で大声で会話する
・車の合流点で強引に割り込む

どれも見ていて不快です。

ドイツには合流点では最後に交互に合流するようにする「ジッパー法」という法律があります。この法律により渋滞がいくらか緩和されたとのこと、しかし法律にしなければいけないほど、ドイツの合流マナーは悪かったんでしょう。

想像力のない者から身を守るには法律が有効なんでしょうね、、世知辛いし、めんどくさー、ですが、、


例えばシートベルトの着用義務も、想像力のない人(着用を渋る同乗者)から、責任感ある運転手を守る法律とも考えられます。


世の中で大切なことは想像力である


よく伊坂幸太郎の小説の中のキーワードとして想像力が出てきます。
人に不快を与える「この程度の人間」の殆どは想像力が不足した人だと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Posted in 未分類
茅ヶ崎カヲル
茅ヶ崎カヲル


【自己紹介】
身長182cm 体重67kg 体重と健康には気を使ってます。人付き合いを大切にしつつ、ヒッソリと暮らそうと思います。

モットーは何にでも興味を持ち追求する
仕事のモットーは同時複数作業

【趣味】
読書、マンガ、ウェイトトレーニング、投資全般、ロードバイク、一眼レフ、iphone、ipad、通信全般、旅行、お酒、wii

このblogは自分の考えのまとめと記録のために更新しています。パパッと書くようにしているので誤字はご了承ください。

Recent Entries
カテゴリ
Monthly Archive
ご来店数
メディアメーカー
メディアメーカー
Tumblr
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。